【とっておきのお話】

第12回 (2001/8/18)
 知ってますか? 8月28日はバイオリンの日です。

 
1880年
(ねん)、明治(めいじ)13年(ねん)
(いま)から120年(ねん)くらい前(まえ)のお話(はなし)です。

第7回 最初の西洋音楽の日本人先生はだ〜れ? の

「とっておきのお話(はなし)」でも紹介(しょうかい)したけど、

明治(めいじ)の時代(じだい)になって新(あたら)しく、西洋音楽(せいようおんがく)と一緒(いっしょ)に西洋楽器(せいようがっき)も日本(にっぽん)にたくさんはいってきました。
 

でも 最初(さいしょ)は、外国(がいこく)からの輸入(ゆにゅう)だけ。しかし、この年(とし)8月(がつ)28日(にち)

東京(とうきょう)の深川(ふかがわ)に住(す)んでいる楽器職人(がっきしょくにん)松永定次郎(まつながさだじろう)さんが、日本初(にほんはつ)国産(こくさん)バイオリン第一号(だいいちごう)を完成(かんせい)させました。

そしてこの日(ひ)を記念(きねん)し 、日本(にっぽん)では、

「 8月28日はバイオリンの日 」としました。

さて、バイオリンイタリアの生(う)まれです。
みんなの大好
(だいす)きな「スパゲティー」の国(くに)だ 。

そのイタリアのバロック時代(じだい)にバイオリンは、中心的(ちゅうしんてき)な楽器(がっき)になりました。

そして 超有名(ちょうゆうめい)ストラディバリをはじめ、バイオリン製作(せいさく)の名工(めいこう)が次々(つぎつぎ)出現(しゅつげん)しました。


ストラディバリ

イタリアのバイオリンなど弦楽器
(げんがっき)職人(しょくにん)


今(いま)では、彼(かれ)の製作楽器(せいさくがっき)を「ストラディバリ」といい、古(ふる)いけど音色(ねいろ)が最高(さいこう)おうちの値段(ねだん)くらい高(たか)いものもあります。大変(たいへん)すばらしい楽器(がっき)です。
 

イタリア

ヨーロッパの長靴
(ながぐつ)の形(かたち)をした国(くに)です。世界地図(せかいちず)でさがしてみよう
 

バロック時代
(じだい)
16世紀末(せいきまつ)から18世紀前半(せいきぜんはん)〜(なか)の芸術様式(げいじゅつようしき)の 時代(じだい)をいう。


古典的
(こてん)で静(しず)かなルネッサンスに対(たい)して、動(うご)きが ある音楽(おんがく)バロック音楽(おんがく)とよぶ。
 

(もど) 目次(もくじ)へもどる(つぎ)へいく

Copyright 2000-2013 Piano Kids Club All Rights Reserved.