【とっておきのお話】

第9回

 夏(なつ)沖縄音楽(おきなわおんがく)なのだ♪

 


さあ、いよいよ
だね。ウキウキするね!

みんなは、大人気(だいにんき)だった
NHK
ドラマちゅらさん(み)ましたか?

このドラマは、沖縄(おきなわ)の家族(かぞく)のお話(はなし)だけど、
たくさん
沖縄音楽(おきなわおんがく)が出(で)てきます。

やっぱり、

(なつ)沖縄音楽(おきなわおんがく) なのだ!


本当は沖縄はここ    
沖縄県(おきんわけん)印の位置(いち)にあります。
日本
(にっぽん)で一番南(いちばんみなみ)の県(けん)です

そして、とてもきれいな海(うみ)に囲(かこ)まれたステキな島(しま)なのだ

そんな沖縄音楽(おきなわおんがく)について、お話(はなし)しましょう。


沖縄
(おきなわ)の人は音楽(おんがく)がだいすきです。

(あさ)ドラちゅらさんのおとうさんが演奏している沖縄(おきなわ)の楽器(がっき)三線(さんしん)といいます。(へび)の皮(かわ)でできていて、俗(ぞく)に蛇皮線(じゃひせん)ともいわれます。

むかし中国(ちゅうごく)から伝(つた)わり、大和(やまと)=日本本土(にっぽんほんど)で三味線(しゃみせん)となりました。つまり こっちが元祖三味線(がんそしゃみせん)なのです。

おうちでうれしい事(こと)があったりすると、三線(さんしん)(ひ)いてみんなでおどります。

沖縄(おきなわ)ではとても身近(みじか)な楽器(がっき)なのです。



三線(さんしん)


沖縄音楽
(おきなわおんがく)は、独特(どくとく)の音階(おんかい)だよ。

琉球音階(りゅうきゅうおんかい)いって「ド・ミ・ファ・ソ・ド」の5音音階(おんおんかい)です。(ふつうは8音音階)

この音階(おんかい)は世界中(せいかいじゅう)民族音楽(みんぞくおんがく)
子守唄(こもりうた)にみられる「ド・ファ・ソ」があります。

これは、心(こころ)が落(お)ち着(ち)く音(おと)の組合(くみあ)せなの。リラックス効果(こうか)もバツグン。(き)きたくなったでしょ。


それから、リズムが軽快
(けいかい)でとっても楽(たの)しいの。

どんな曲(きょく)って? う〜ん。 たとえばで言(い)うと、、、

みんな知(し)ってる「ヘンなおじさん♪ ヘンなおじさん♪」フレー琉球音階(りゅうきゅおんかい)ぽいかな。

これって楽(たの)しくなるでしょ。これが沖縄音楽(おきなわおんがく)さ!

夏(なつ)ピッタリ音楽(おんがく) なのです。


おうちのひとに補足説明
(ほそくせつめい)をよんでもらおう↓
 


≪保護者の方への補足説明≫上記文に関しての補足説明をさせて頂きます。

 ご存知の通り、沖縄はもともと琉球王国として栄え、独自の文化・芸能をもっております。

 外交面では、争いを避け音楽・舞踊等の芸能などによって接待したといわれ、
昔から 音楽との結びつきが深い平和的な人たちです。

 
外国との貿易もさかんで、いろいろな文化(三線楽器など)が沖縄に伝わりました。

 沖縄音楽は大変奥が深く、ここでは魅力のみですが、下記サイトを参考にしましたので、
 興味のある方は、是非ご覧になったらいかがでしょうか。

琉球音階について] / [三味線を弾こう 

(もど) 目次(もくじ)へもどる(つぎ)へいく

Copyright 2000-2013 Piano Kids Club All Rights Reserved.